前へ
次へ

調理法にキッチンバサミを使うのもあり

調理法では食材を切る時に包丁を使うのが基本中の基本とされますが、包丁を使うべき所の一部をキッチンバサミで代用すると調理が楽に効率よくできることがあります。
できれば包丁を使う技術も身につけたいですが、既存の調理法にこだわりすぎず、上手に使い分ければ調理の幅が広がるはずです。
ブロック状の肉を小さく切る時、肉の脂身を取り除きたいとき、鶏肉の皮を切り離したいときには、包丁を使うとグニュグニュして切るのに時間のかかる場合があるので、キッチンバサミを使うことがあります。
こちらの方が圧倒的に時間が短縮でき、まな板がいらないこともあるので、洗い物も楽です。
また、魚をおろすときには包丁とキッチンバサミを併用することもあります。
内臓を出すためにおなかを切り開く時、キッチンバサミでお腹を切ると失敗しません。
背びれやむなびれも包丁よりハサミのほうが切りやすいです。
そのほか、ねぎを切る時もまな板を使わず、手にねぎを持って直接なべや容器にねぎをチョキチョキ切りながら入れていくこともあります。
やはりまな板が汚れずにおいがつかないことがありがたいです。
包丁を使うのが苦手なために料理を敬遠してきた人は、キッチンバサミを使って調理に慣れ親しんでもらえると嬉しいです。

Page Top